[Song Review] 1/3の純情な感情 / SIAM SHADE【祝!!実写劇場版『るろうに剣心』2020年夏、2作連続公開決定!】

[Song Review] 1/3の純情な感情 / SIAM SHADE【祝!!実写劇場版『るろうに剣心』2020年夏、2作連続公開決定!】

実写劇場版『るろうに剣心』最終章、始動

実写劇場版『るろうに剣心』”最終章”が2020年夏、2作連続公開決定しました。公式では「剣心の<十字傷の謎>に迫る物語と<最恐の敵>との戦いが幕を開ける!!」とのことですので、十中八九「追憶編」と「人誅編」でしょう。もう原作ではこの2つしか残ってませんもんね。とりわけ剣心の過去が明かされる「追憶編」はその重厚なストーリーからファンからの人気も非常に高く、かねてより実写化が望まれていたエピソードです。

今回は実写劇場版『るろうに剣心』”最終章”公開決定を記念して、アニメ版『るろうに剣心』伝説のEDSIAM SHADEの「1/3の純情な感情 」 について語りたいと思います。

その前に一言。アニメ版『るろうに剣心』がアニメ界に与えた影響は大きく、売れてるJ-POPのアーティストがアニメに流入してきたのはこの頃です。OPに使われたジュディマリの「そばかす」も有名ですよね。この辺りは原作者の和月伸宏氏がJ-POPやロックバンドを好んで聴いていたというのもあるのでしょうがSONY MUSICがアニメのスポンサーだったんですよね。こういった売れ線のアーティストがアニソンを担当することによってこれまでオタクコンテンツだったアニメが一般化し始めたのではないでしょうか。アニメ→クールという図式が出来上がり始めます。アニメ『るろ剣』はそのパイオニア的存在ですね。

1/3の純情な感情 – なぜアニソンの歴史に名を残した名曲となったのか

さて、なぜ「1/3の純情な感情」はここまで長年愛され、アニメ『るろうに剣心』を代表する曲、果てはアニソン史に残る名曲となったのでしょうか?以下に僕が思う要素をピックアップしていきます。

まずタイトルが良かった。「1/3の純情な感情」 なんてフレーズ耳にしたら、どんな曲なんだろう、聴いてみたいなと思いませんか?語感もいいですよね。一回聞いたらまず忘れないタイトル。

さらに、アニオリストーリーで一番面白い島原編のEDに使われた、というのも大きいと思います。京都編が王道少年漫画路線で人気が高いのは周知の事実ですが、アニオリの島原編も僕は大好きですね。演出やストーリー、キャラクターが秀逸でこの記事を書いていたら観返したくなってきました。左之助が惚れかけてたマグダリア小夜が特に良かったですね。清楚美人病弱役満です。今で言うヤンキーと深窓の令嬢みたいなちぐはぐな組み合わせで面白いです。

アニメ第74幕より。左之助と小夜が初めて心を交わす島原編屈指の名シーン。しかし小夜に残された時間はあまりにも少ない…

そしてED映像がめちゃくちゃ良かった。あのドラムに合わせて左右のライトが光る演出をまだ鮮明に覚えています。あと大サビ終盤で剣心の十字傷が赤く光って回転して十字架になる演出は本当に上手い。教会のステンドグラスに照らされた逆刃刀も美しいですね。このような和洋折衷のED絵キリシタンについて描かれた島原編と絶妙にマッチしてるんですよね。こんなにカッコよくておしゃれなアニメED映像は当時かなり希少だったのでは。

この十字傷が十字架となり教会のカットへ。センスありすぎでしょう。

島原編最終話のスペシャルED (曲はこのままで絵だけ総集編のような映像に切り替わります)のおかげで左之助から小夜への歌に聴こえてきます。ラストのカットが小夜を抱きしめる左之助→丘の上の小夜のお墓なんですよね…何度観ても泣ける…

いろいろああだこうだ書いてきましたが一番大事な要因を書き忘れてました。そもそもシンプルに曲がいいなにかあるんですよねこの曲には。その全容を解明することは僕には難しいのですが、思うにイントロのギターサビのアタマがすべてではないでしょうか。DAITAが弾くあのカッコいいアルペジオはサビでもそのままですし、非常に耳に残る印象的なフレーズですね。僕も昔エレキで一生懸命コピーしましたよ。そしてサビの1,3,5,7小節アタマで繰り返されるあのクセになる独特の響き。ちょっと文字だと伝えづらいのですがここが最大のミソなのでは。あとは2番のAメロがハードなサビと間奏後だからなのかとても爽やかに聴こえますね。1番のようにもう1回しあっても良かったと思います。

まとめ

途中島原編の総括みたいになってしまいましたが、上記のような様々な要因が重なって「1/3の純情な感情」 を名曲たらしめたのだと推察します。もう20年前の曲(もうそんなに経ったのか…)ですが、今聴いてもカッコよくてテンションあがりますもんね。テンポも早すぎず遅すぎず絶妙です。アニソンの歴史に名を残しましたね

最後に実写映画最終章に話を戻すと、やはり『るろ剣』のファンとしては巴を誰が演じるかが気になります。ここを外さなければ少なくとも追憶編はコケることはないでしょう。続報を待ちます。

※アイキャッチ画像:実写版映画「るろうに剣心」最終章公式サイトより
©和月伸宏/集英社 ©2020「るろうに剣心」最終章 製作委員会
©和月伸宏/集英社・フジテレビ・アニプレックス