Violet Snow – 結城アイラ 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』2020年1月10日より公開決定!!

Violet Snow – 結城アイラ 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』2020年1月10日より公開決定!!

あの感動が新作映画となってスクリーンに蘇る―京都アニメーションが送る『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』、2020年1月10日より全国の劇場で公開決定!!以下公式特報動画です。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』特報

キービジュアルはちょっとセクシーなヴァイオレットですね。オフショルダーですよ。

<Story>

代筆業に従事する彼女の名は、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。


人々に深い、深い傷を負わせた戦争が終結して数年が経った。
世界が少しずつ平穏を取り戻し、
新しい技術の開発によって生活は変わり、
人々が前を向いて進んでいこうとしているとき。


ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、
大切な人への想いを抱えながら、
その人がいない、この世界で生きていこうとしていた。


そんなある日、一通の手紙が見つかる……。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイトより

今回は『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の発表を記念しまして、TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の13話挿入歌、結城アイラさんが歌う「Violet Snow」について語ります。劇場版のPVにもオーケストラver.が使われてますね。

「Violet Snow」は事前公開されてたPVでやたら使われてたので通常EDテーマになるとずっと思ってたのですが、蓋を開けてみると最終話の13話まで引っ張りました。しかもちょこっと使われただけです。僕の中では良曲揃いの『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ボーカル曲でNo.1です。茅原実里さんが歌う「みちしるべ」も良い曲だとは思うのですが、こちらの「Violet Snow」が通常EDでよかったのではないでしょうか。ここがこの素晴らしいアニメ作品の少し残念なところでした。しかもこの曲はフランス語や中国語など外国語バージョンも作ってるんですよね。今度の『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のメインテーマに使う布石ですかね。

「Violet Snow」は以下のPVで聴けます。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』PV第4弾

歌とピアノのみの非常にシンプルな楽曲ですが、ヴァイオレットというキャラクターをそのまま表現したかのような美しく儚い旋律に心を打たれます。同時に大切な人を失った悲しみを乗り越えていく彼女の強さも伝わりますね。僕はイントロのピアノ10秒聴いただけで名曲認定しました。イントロ後のヴォーカルが入る最初のフレーズでもう勝負が決まってます。素晴らしすぎますよね。曲中で何度も繰り返される「Violet Snow」のメインフレーズです。そして分数コード多様したコードの流れがとても洗練されていて滑らかですね。プロのコンポーザーによって計算されつくしたコードワークです。結城アイラさんのバランスの取れたヴォーカルも綺麗です。TRUEさんでも茅原実里さんでもこの繊細さは表現できなかったと思います。英語歌詞も上手に歌い上げていますね。

人生の喜びや悲しみを感じることのできる素敵な曲で、聴いているとやさしい気持ちになれます。歌詞も愛を知るヴァイオレットのことを歌っている、まさに『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』体現する楽曲なのでぜひ「Violet Snow」『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のメインテーマにお願いします。これ以上の曲はできないのではと思います。

Ⓒ暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会