あたしが隣にいるうちに – 藤川千愛 『盾の勇者の成り上がり』 第2クールED

あたしが隣にいるうちに – 藤川千愛 『盾の勇者の成り上がり』 第2クールED

第1クールに続き第2クールEDも藤川千愛さんが歌ってくれました。正直第1クールEDの「きみの名前」のほうが良かったなあ、なんて思ってたんですが『盾の勇者の成り上がり』15話を観た後に聴くとこちらも悪くないですね。同じことばっか言ってますがやっぱりラフタリア役の瀬戸麻沙美さん上手すぎる。彼女が演じると声に表情が付くんですよね。

この「あたしが隣にいるうちに」はなにがいいってED絵がいいんですよね。もう最高。尚文を追いかけて後ろから遠慮がちに身体を寄せるラフタリアの表情が素晴らしいです(本記事のアイキャッチ画像)。この身体を寄せるってのがいいんですよ。がっつりハグとかやったらダメですね。劇中では尚文×ラフタリアのわかりやすいラブシーンはないのでこのED絵で補完されます。尚文はこの手の主人公の例に漏れず鈍感朴念仁ですから。あとは水たまりに反射した二人を映す演出がいいですよね。絵のタッチも柔らかくて素敵です。絵だけで言ったら僕の中では春アニメEDでさらざんまいと並ぶナンバーワンですね。次点で『青ちゃん』。絵がいいので結果曲がさらにいいものに聴こえるアニメでよくあるパターンです。もうひとつのMVみたいなものですね。

もう天使通り越して女神の領域に達したラフタリアから目が離せません。2クール目でもガンガン活躍しますね。全国のフィーロファンの方々には申し訳ないですが、これがメインヒロインの力です。圧倒的正妻感求むスケールフィギュア化

しかし劇中でも少し触れられていましたが、いつか二人は離れ離れになってしまうのでしょうか。勇者としても役目が終わったら尚文は元の世界に帰らなければならない、なんて話ありましたよね。やめてくれ…

「あたしが隣にいるうちに」は以下公式MVでフル試聴可です。

あたしが隣にいるうちに/藤川千愛 アニメ『盾の勇者の成り上がり』エンディングテーマ (”The Rising of the Shield Hero” Ending Theme )

サウンド的にはストリングスとピアノ主体の「きみの名前」と似たような構成ですがこっちはほうはBPMが上がってエレキギターが入るのでロック寄りのバラードという感じです。サビの盛り上がりは流石Elements Garden、今回も安定の良アレンジです。

でも少し気になったのが作詞です。ラフタリア目線のいい歌詞なんですが(2番は尚文目線ですよね)、サビはもう少し言葉を足したほうが聴こえが良かったのではと感じるのは僕だけでしょうか。言葉を伸ばしてる箇所が多くちょっと不自然に聴こえてしまう。特に”あたしにください”のところ。一番盛り上がるパートで助詞をここまで伸ばしちゃうのか、と思ってしまいました。「きみの名前」のときはあまり気にならなかったのですが、まあこの辺は作詞と作編曲がそれぞれ違う人間によるものなので多少は仕方ないのでしょうか。それでも良い曲ですけどね!

「きみの名前」「あたしが隣にいるうちに」を収録した藤川千愛さんの1stフルアルバム『ライカ』は5月7日に発売です。楽しみですね!

©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
©columbia(COLUMBIA の代理)