[Song Review] ORDINARY LOVE / 逢田梨香子『川柳少女』ED

[Song Review] ORDINARY LOVE / 逢田梨香子『川柳少女』ED

フルで聴くとマジでめちゃくちゃ良い曲です。好評放送中のTVアニメ『川柳少女』EDテーマ「ORDINARY LOVE」を歌うのは声優・逢田梨香子。『ラブライブ! サンシャイン!!』のAqoursとしても活躍している彼女のソロアーティストデビューの狼煙となった一曲。6月19日にこの「ORDINARY LOVE」が収録されたソロデビューEP『Principal』の発売も控えています。

MVは公式で見つからなかったのですがPV第3弾で聴けます↓

いい具合にアナログとデジタルがミックスされた今っぽいサウンド。イントロからBメロまでがアコギとピアノ中心のアナログ、サビがハウスビートとシンセを交えたデジタルアプローチといったハイブリッド・アレンジで面白い。言うなればアニソン meets Chill House。いや「ORDINARY LOVE」をChill Houseなんて言っているのは世界広しといえども僕くらいだと思いますが、聴いていて落ち着く=チルな曲なのです。逢田梨香子さんの歌声も綺麗で澄んでいてリラックスできます。

全体的に音数が少なめなのもすっきりしていて僕的には好印象。サビで加わるゆったりとした4つ打ちビートも大正解ですね。メロディは全パート良いけど敢えて選ぶとしたらBメロが至高。総じて音楽の三大要素と言われているメロディ、ハーモニー、リズムが良いバランスでまとまっていて非常に美しく完成された楽曲です。曲のアタマからラストまでの流れがとにかく秀逸で何回でもリピートできますね。もっと早くフルで聴いておけばよかった…

『川柳少女』らしく穏やかでありふれた日常の小さな幸せを歌った歌詞も素敵です。僕らアニメ視聴者には控え目な七々子がエイジへの確かな想いを綴った曲に聴こえますよね。歌詞まで良いとか最高かよ。

放送も11話まで終えて残すところは最終話のみ(全12話ですよね?)。なかなか進展しない七々子とエイジの関係ですが、このくすぐったい距離感がいいんですよね。ほっこりします。次回のサブタイトルは「七々子とエイジ」。2人のために作られたこの「ORDINARY LOVE」が最終回を彩るでしょう。

©DMM Music
©五十嵐正邦・講談社 / 川柳少女制作員会