キャロルの涙に全俺が泣いた。風雲急を告げる『キャロル&チューズデイ』第11話感想

キャロルの涙に全俺が泣いた。風雲急を告げる『キャロル&チューズデイ』第11話感想

右手負傷のチューズデイ

バースデイプレゼントトラップにかかり、右手火傷の絶対絶命のピンチに陥ってしまうキャロル&チューズデイ。チューズデイはピックすら持てない状態でとてもギターが弾けるようには見えません。

やむを得ずピアノと歌だけで準決勝に挑むキャロル&チューズデイ。曲は「Lost My Way」。ピアノのアルペジオのみなのでほぼアカペラです。右腕の包帯が痛々しい。もの悲しい雰囲気の楽曲ですが、心を打つものがあります。こじんまりしていてちょっとメランコリックなところが良い。

以下公式Twitterから今週の音楽シーン↓

アンジェラの待つ決勝へ進むのは…

アーティガンから演奏不可能となる怪我をしたことへの批判を受けるキャロル&チューズデイ。お調子者の彼ですがここはプロ意識の高いお言葉。これはダメか…と一瞬敗退の文字が脳裏をよぎります。しかし審査員長(ですよね?)カトリーヌは2人の不安定さや不完全さを評価。ピョートルも素晴らしかったが、審査員にまた聴きたいとより思わせたのはキャロル&チューズデイ。ピョートルもめちゃくちゃ良かったですからね…怪我の功名ってやつもあるかもしれません。ピアノとギターの揃ったキャロル&チューズデイを僕ら視聴者も審査員も決勝の舞台で見たいですよね。未完成の彼女たちの音楽は人々を惹きつける不思議な魅力があります。以前ロディが言っていた、心に響くってやつです。

なんとか決勝まで勝ち進み安堵する2人。楽屋でキャロルがプレゼントを渡そうすると犯人確保の報せが飛び込んで来ます。プレゼントを渡そうして渡せないカット何回目だろう。

チューズデイに怪我を負わせた犯人はやはりシベールでした。決め手はピョートルがSNSに上げまくった動画。シベールの姿を画面端に捉えていました。ピョートルグッジョブ。警備員に取り押さえられながらチューズデイを罵倒するシベール。愛と憎しみは表裏一体なんですかね。ケイティが犯人だと思い込んでひどい言葉を浴びせちゃったアンジェラはちゃんと今度謝ってくれな。このままじゃケイティ可哀想すぎる。

With or Without You

医者に診てもらったチューズデイですが、1週間ほどでギターも弾けるように回復するようです。ホッとするキャロルですが、今回の出来事はチューズデイの曖昧な態度にも問題があったのではとチクリ。パフォーマンスでの集中力も欠けていたと。キャロルはこのオーディションに懸けていて、帰れる家のあるチューズデイの注意力散漫やシベールの扱いに不満をぶつける。家があっても誰も待っていない、家出しても誰も探しに来ない、どこにも自分の居場所はない、と涙ながらに絞り出すチューズデイ。無言のキャロル。先週から描かれていた2人のすれ違いはここにきて大きな溝となってしまう。

そこに突然黒塗りの高級車が表れ、母親の命令で現れたという屈強な男がチューズデイを拉致。引き留めようとするキャロルでしたが男に殴られ(マジでかわいそう)チューズデイを連れ去られてしまいます。ダッシュで車に飛び乗るも振り落とされ、車は見えなくなっていく…つぶれてしまったチューズデイへの誕生日プレゼント。劇中で初めてキャロルは涙を流します。今までどんなにつらい目に遭っても涙を見せないキャロルだからこそこのシーンは心を打つものがある。キャロルの心情を思うと…

全俺が泣いた。

キャロルは理解していたはずなのです。家があっても居場所のないチューズデイを。彼女の音楽に懸ける想いを。孤独な2人の少女が出会ったからこそ、それがキャロルとチューズデイだったからここまで来れた。だからこその後悔だったりチューズデイを傷つけてしまった自分を許せなかったりの涙でしょう。本当に伝えたいことはあんな言葉ではなかった。いなくなって初めて気づくってありますよね。

もはやEDの『Hold Me Now』がまったくかみ合わないほどシリアスで暗雲立ち込める展開。決勝戦を前にユニット崩壊寸前ですよ。どうなるキャロル&チューズデイ。まあ大体全部シベールが悪いんですが。雨降って地固まる展開だろうけど今週は悲しかった。ちゃんと仲直りしてね、キャロル&チューズデイ。

11話サブタイトル「With or Without You」は僕も大好きなU2の名曲。”I can’t live With or Without You”ですよ。この一節とそれに続くボノの魂の叫びは必聴。1987年リリースですが今でも色褪せることのない美しい曲です。聴く者の感情を揺さぶるパワーがあります。歌詞が今回のキャロルの心情とオーバーラップしてる。聴いたことない若い人たちは是非聴いてみてね。

今週のチューズデイ

準決勝になんとか勝利するもキャロルにハグされて負傷した手が痛いチューズデイ。このあとキャロルは殴られるわチューズデイは拉致されるわで散々でした。この後ガスとロディも交えてのチューズデイ奪還作戦が決行されるのかな。

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会