[Song Review] ささやかな祝祭 / sora tob sakana『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ』ED

[Song Review] ささやかな祝祭 / sora tob sakana『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ』ED

日本が誇るオルタナアートロックバンド・ハイスイノナサの照井順政さんてアイドルグループのプロデュースをしてたんですね。全く予想外でした。照井さんと言えば、我々オタクにとってはYURiKAさんに提供した2017年『宝石の国』OP「鏡面の波」が記憶に新しいですね。その緻密に計算された重厚なサウンドスケープに当時度肝を抜かれました。非常にテクニカルな楽曲で変拍子もすごかったですね。彼は日本のトム・ヨークでしょうか。「鏡面の波」はアニまちの中では2017年アニソンNo.1で今でもよく聴いてます。本当に素晴らしい楽曲です。

そんな天才ミュージシャン照井順政さんがプロデュースするアイドルグループの名はsora tob sakana。今回レビューする『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ』EDテーマ「ささやかな祝祭」は彼女たちの2ndシングル。タイトルからハイスイノナサっぽい。

まだ聴いてない人は公式MVをどうぞ↓

sora tob sakana/ささやかな祝祭(Full)

また恐ろしく難しい曲作りましたね。タイトルの通り祝祭感のある多幸的サウンドでスタートしたと思ったらジャジーなマイナー調へ移行、また戻ってAメロイン。イントロが二つあるってどうなってんだ。そしてBメロがまた凄い。ホーンはわかるんですが他はこれ何が鳴ってるんですかね。このドタバタ感はギターが暴れてるのかな。続くサビはピッチがだいぶ下から行くのがいいですね。アウトロでテンポ感が半分遅くなるのもとってもおしゃれ。早い曲ですし普通だったらサビと同じように行きたいところだと思うのですが、やはり感性が違う。

さらに曲の屋台骨となるリズム隊にも注目。厚みのあるウッドベースがうねうね動いててカッコいいし、生ドラムも有り得ないくらいテクニカルで圧巻です。MVをヘビロテしながら今書いているのですが、かわいいダンスやボーカルよりもそれらとサウンドの変態性(褒めてます)とのギャップに持ってかれてしまう。参加ミュージシャンのレベルが高すぎる。音にフォーカスした唯一無二のアイドルユニットです。今の時代アイドルソングで生音主体ってのがレアですよね。加えてジャズ要素だったりエスニックな雰囲気があって聴いていて楽しい。ダンまちの世界観に合ってますよね。

「鏡面の波」と比べるとハイスイノナサ感は薄れてますが、それでもこれがアイドルグループの楽曲だという事実に驚きを隠せません。アイドルソングの枠を良い意味で完全に逸脱してるので歌うのは相当難しそうです。sora tob sakanaは言うなればポストロックアイドルでしょうか。斬新すぎる。もし照井さんやハイスイノナサのメンバーがバックで演奏してるなら是非ライブにも足を運んでみたい。

もっと早くsora tob sakanaを知りたかった…でもダンまち見ててよかった。ベルくんがボコボコにされまくってるのは見てるこっちも痛いですが、2期も面白い。1話のパーティー回最高でした。アイズたんのドレス姿はまさに眼福。もっと出番を増やしてほしい。2話はヘスティア回でしたがベル君、本当のところどうなんだい?僕も気になります。

「ささやかな祝祭」は本日7月24日リリース。Spotifyで彼女たちのアルバムも漁ってみようと思います。ラブライブもアイマスもわからないアニまちですが、推しのアイドルグループが決まりました。

© Warner Bros. Japan LLC
© 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会