Who Am I!?アーティガンのアイデンティティ・クライシス!C&Tはアルバム制作開始!『キャロル&チューズデイ』第17話「Head Over Heels」

Who Am I!?アーティガンのアイデンティティ・クライシス!C&Tはアルバム制作開始!『キャロル&チューズデイ』第17話「Head Over Heels」

アーティガンを襲う悲劇

AIマネージャーに資産を持ち逃げされ一夜にして無一文になったアーティガン。家や財産はすべて差し押さえられ一時的にロディの家で厄介になることに。黄色の短パンでカップヌードルをすする姿には哀愁すら漂っています。これほど短パンが似合うおっさんは見たことがない。

金の切れ目が縁の切れ目。今までいたたくさんの取り巻きや美女たちはアーティガンが破産すると途端にいなくなりました。「金のない俺はもうアーティガンじゃない」と肩を落とすアーティガン。元気出せよ、金はまた稼げばいいじゃないか。火星一稼ぐスーパーDJならできるよ。

アルバム制作開始

キャロル&チューズデイはついにアルバムの制作が始動。今回は恐ろしく年季の入ったスタジオを借ります。流石にマイク一本一発録りはしない模様。プロデューサーはデビュー曲に引き続きトビー。C&Tの持ち曲のイントロを聴いただけで安定のクソダメ出し連発。「俺が認めた曲しかアルバムには入れねえ」と豪語するトビー。C&Tのアルバム制作は前途多難の様相を呈しています。とりあえずリアルでも是非C&Tの1stアルバム発売してほしいですね。

ジャーナリストのカイルがC&Tへのインタビューにスタジオを訪れる。彼はヴァレリーサイドとC&Tを結びつける役割ですね。“奇跡の7分間”へのはっきりとした伏線が張られました。火星第一主義を掲げ、地球や難民を排除しようとするヴァレリーに対し「私はお母さんのやり方で(地球からの難民である)キャロルがつらいことになるのは絶対に嫌」と語るチューズデイ。やはりチューズデイは母親と対決することになるのでしょう。

そして兄スペンサーはついに母親に反逆。カッコいいぜお兄ちゃん。これからもチューズデイの味方してくれよな。

もしかしてスペンサーが大統領選の第3の勢力になるような展開があるのかな。それをC&Tが支持し火星の歴史に刻まれることとなる伝説のライブへとつながる…みたいな。ここにカイルも上手いこと絡んでいけば物語的に綺麗にまとまるか。どうなるか見てみましょう。

Who Am I…!?

ロディに連れられC&Tのアパートに顔を出すアーティガン。キーボードを貸してほしいらしい。AI機材がないなら自分で曲を作ればいいとロディに背中を押されキーボードに向かいます。しかし長年AIで曲を作ってきたアーティガンは自分で曲を作れる自信はなく、鍵盤上で構えた指が動きません。ロディによるとデビューの頃は自身で曲を作っていたようで、昔は弾けたようです。混乱するアーティガンの頭の中で天使と悪魔がささやきます。「お前には無理だ」「いやお前ならできる」

Who Am I!?

引退の二文字が浮かび窮地に立たされたアーティガンを救ったのは彼の代名詞でもあるこの言葉でした。俺は誰だと自問自答しアーティガンとしてのアイデンティティを取り戻す。目に生気が戻り火が付いたアーティガン(Fire!!状態)は一心不乱にキーボードを弾きまくる。そうして曲は完成したのだった。

場面は変わりアンジェラと交際の噂がニュースになったIT界の風雲児アーロンさんが突然車で轢かれてしまう。これ完全にアウトのやつですよね…潰れてるんじゃ…ギャグ回なのにやばいシーンをぶっこんできました。アンジェラのストーカー=Black Nightの仕業のようです。危険すぎる。

魂を込めて出来上がった曲にディーバ(歌姫)が必要だとアーティガン。タオにアンジェラが欲しいと交渉へ出向く。キーボードがないので渾身のボイパを披露するアーティガン。その魂のパフォーマンスを見たタオは即決でアンジェラを貸すことに同意。そこにアンジェラの意志はなかった… To be continued.

いやーアーティガンが主役のコミカルな回でしたね。いろいろ笑えました。僕はアーティガン大好きなので久々の登場&無双っぷりは見てて楽しかったです。全てを失っても自分を信じた男・アーティガンに乾杯。スラムダンクの三井寿がヘロヘロになりながらも「俺は誰だ…?」と自問自答し3Pシュートを決めまくるシーンを思い出しました。ジャンルは違えど追い詰められた男が自らの力で窮地を乗り越えアイデンティティを再発見していく様はクールでシビれるのだ。

今週はしっかりした音楽シーンはありませんでしたが15話16話が凄すぎましたね。ラストのアーティガンのボイパとダンスが面白かったので良しとしましょう。タオまでもギャグ要因になってしまいました。

見逃してはいけないのはEDクレジット。

アーティガン 宮野真守
ポジティガン 宮野真守
ネガティガン 宮野真守

笑いました。あの天使と悪魔のアーティガンにそんな名前ついてたのか。 ポジティガンネガティガン言いたかっただけだよね。笑

今週のチューズデイ

カイルとのインタビュー中に顔を赤らめるチューズデイ。クッソかわいい。いやでもちょっと待ってこれどういうことですか。ラブコメの波動を感じる…

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会