[Anime Meets J-POP] Hello, Again ~昔からある場所~ / ユキ (CV:花澤香菜)『消滅都市』ED3

[Anime Meets J-POP] Hello, Again ~昔からある場所~ / ユキ (CV:花澤香菜)『消滅都市』ED3

[Anime Meets J-POP] 第1弾として前回書いた花澤香菜さんカバーの「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」ですが実は続きがあります。アニメ『消滅都市』第8話EDで流れた「Hello, Again ~昔からある場所~」です。これも前回に負けず劣らずの名曲なんですよね。素晴らしい選曲。

原曲は1995年リリースのMY LITTLE LOVERの3rdシングルです。作詞は小林武史、作編曲は藤井謙二 & 小林武史。Wikipediaによると藤井さんが持ってきた曲を小林武史がアレンジして完成したようです。94年のミスチルの「Tomorrow Never Knows」、この「Hello, Again ~昔からある場所~」、そして前回書いた96年の「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」。この3曲つは数ある小林武史プロデュース曲のなかでも5本の指に入る出来ではないでしょうか。この頃の彼は本当に神がかってた。

さて、「Hello, Again ~昔からある場所~」ですがこの曲のキモはなんといってもサビですね。意外性のある転調から始まる“それは 愛が彷徨う 影”までのメロディが圧巻。いつ聴いても胸が締め付けられます。そして小林武史が付け足したというラストの4小節はあの印象的なエモいギターリフへ綺麗に繋がっていて効果抜群。曲の起承転結がハッキリしていて物語性を感じませんか。これを言葉ではなく音楽で表現しているのが素晴らしい。あのイントロのギターに関して全く難しいことはやってないのですが、すっと心に入ってくる素敵なフレーズですよね。

とにかく歌詞とメロディと歌声がパーフェクトなんです。Vo.のakkoはそこまで歌がめちゃくちゃ上手いってわけじゃないんですが曲の持つ雰囲気にピッタリなんですよね。少年性と言えばいいんでしょうか、子供でいられた時代への別れを歌っているメランコリックなリリックです。小林武史は詩も書けたんですね。

そしてまたカバーされた花澤香菜さんの声が合うのなんの。小林武史と花澤香菜さんて相性抜群ですね。こちらも原作に非情に忠実なアレンジ。彼女にはテンポ抑え目のアコースティックな楽曲が合いますね。もっとJ-POPの名曲をカバーしてほしい。特に90年代のやつでオナシャス。

これはもう消滅都市見たほうがいいのだろうか。

©Wright Flyer Studios / 消滅都市製作委員会
℗PONY CANYON INC.