この夏一番ホットなアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』最新第8話まで振り返り+荒ぶるヒロイン評!

この夏一番ホットなアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』最新第8話まで振り返り+荒ぶるヒロイン評!

※めちゃくちゃネタバレなのでアニメ本編まだの方はご注意ください。

中盤のクライマックス・文化祭の告白

いやー『荒ぶる季節の乙女どもよ』めちゃくちゃ面白い。大豊作の2019夏アニメで一番面白いまである。今回かなり物語が動きましたね。これで8話なので残りの話数でどう話を展開していくのか、脚本家・岡田麻里さんの腕の見せ所ですね。

幼馴染の大勝利で今回晴れて両想いになった和紗と泉ですが、このままなにも障害がないと物語的にもアレですよね。一つはCパートで描かれたように菅原氏の存在です。皮肉にも菅原氏が泉の和紗への気持ちを気づかせてしまうという構図が良い。泉を諦めないと三枝に話す菅原氏、それを聞いてしまった百々子。百々子は若干百合っぽく描かれてたけどこれも混ぜたら四角関係になりますね。和紗↔泉←菅原氏(←百々子)。女子は全員同じ部活の親友。エグいの期待してます。

泉の告白シーンが最高でしたね。彼の言葉の一つ一つが本当に素敵でこれ女子だったらめちゃくちゃ刺さるのではないでしょうか。幼い頃のキャッチボールのエピソードはズルいでしょ。CHiCO with HoneyWorksの挿入歌もこの中盤のクライマックスシーンを盛り上げていて良かった。ストリングスが効いてる。感動してちょっと泣いてしまった。

さて文化祭で大いに盛り上がった『荒乙』ですが、ここらで個性溢れる荒ぶる5人の乙女どもの最新8話終了時点までの軌跡を印象に残ったシーンを交えて振り返ってみたいと思います。題して荒ぶるヒロイン評、スタート!!

小野寺和紗

容姿や性格含め等身大の女子高生として。人一倍思いやりがあって心根の優しいところが好感持てます。ハネた髪と太めの眉毛がキュート。泉とのくすぐったい幼馴染関係は和みます。ついに両想いになったがまだまだ波乱がありそう。恋に友情にがんばれ和紗!

Pick Up!

第1話で泉のシコシコ現場を目撃、ブルーハーツをバックに雄叫びを上げながら街を駆ける衝撃のシーン。何度でも言おう、ノックをしてくれ。見返すと既に泉のモノを受け入れるマインドしてましたね。「あ、入った…」(意味深)

菅原新菜

回を追うごとに魅力が増していくクールなミステリアス美少女。頭も良くて自分を客観的に捉えることのできるタイプ。なのになにをしでかすかわからないところがいい。彼女がこれから見せるであろう初めての“執着”に期待。もっと掻き回してくれ。少女じゃなくなったキミも見たい。バラスイシ。

Pick Up!

最新8話にて。自分から泉の頬に触れて「知りたい?(波風の)立たせ方」とか誘惑しておいて照れる泉に逆にときめいてしまう菅原氏。クッソかわいい。これ絶対勃たせ方とかけてますよね。てか泉勃ってただろ。正直に言っていいぞ。

須藤百々子

親友ポジション。おさげがかわいいふわふわガール。和紗と菅原氏の間に入る苦労人。意外とキレのあるツッコミもこなす物語の潤滑油的存在。EDテーマを歌ってるのは百々子の中の人。この手のアニメのEDテーマってヒロイン複数で歌うパターンが多いのですがソロで大活躍。「ユメシンデレラ」良い曲ですよね。

Pick Up!

第5話にて。「やっと帰れた」杉本との初デート後に大きなため息。どんどんウザくなっていく彼に対し最新8話では友達ですらありませんと一蹴。まだ恋を知らない百々子ですが今回は男運がなかったね。悪いヤツじゃないんだけどね…

本郷ひと葉

山岸先生との絡みが面白い作家の卵にして物語のトリックスター。ライバルのむっちり先生に勝てるか。愛読書が『コインロッカー・ベイビーズ』という設定がいいですね。若い頃これを読んで僕はとても作家にはなれないと思いました。

Pick Up!

第5~6話の大胆すぎるTバックチャレンジ。なんちゅープレイしとんじゃこいつら。この先生整った顔立ちのわりにド変態なんだよなあ。

曽根崎り香

アニまちのお気に入りキャラ。言動がエキセントリックでコミカルなツンデレ部長。髪を切って眼鏡を取ったら美人さん。ぱっつんの前髪がよく似合ってます。あと行動力ありますね。8話でも先陣を切って自分たちででっち上げた恋の伝説を再現してました。美人で男前で面白いって最高か。一途そうなところもいいですね。天城もイイ奴ですし、お似合いのカップルだと思います。

Pick Up!

第5話の天城との屋上でのシーン。かつてこれほど素敵な「よろしくお願いします」があっただろうか 。理屈っぽく天城の書いた文章の粗を指摘してるのが彼女らしい。めちゃくちゃ萌えました。

・・・・・・・・・・・・・・

ちょうど公式で第1話~第8話振り返りPVなるものが公開されましたのでこちらも是非どうぞ↓

TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 ♯01~08振り返りPV

こうして振り返ると性格だけでなく見た目的にもちゃんと書き分けられてどの子もキャラが立ってますね。

僕ももし女の子に生まれ変わったら友達とキャッキャウフフしたり男の子を取り合ったりしたい、そんなことを思ったアニまちでした。女の子も楽しそう。

© 岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会