[Album Review] R∃/MEMBER – SawanoHiroyuki[nZk]

[Album Review] R∃/MEMBER – SawanoHiroyuki[nZk]

アニメ音楽界の巨匠澤野弘之SawanoHiroyuki[nZk] 名義での3rdアルバム「R∃/MEMBER」をリリース。前作「2V-ALK」から約1年半ぶりです。

コラボのクレジットを見るとなんだか随分メジャーに寄せてきたな、という印象。SUGIZO、ポルノグラフィティ、スキマスイッチ、西川貴教など名だたるミュージシャンが参加しています。これ程の有名アーティストが歌ってもきちんと澤野曲に聴こえるのはすごいですね。一発聴いて澤野氏だとわかるサウンド。あの派手なスネアキックの入れ方が澤野サウンドのキモだと思ってます。

SawanoHiroyuki[nZk] 3rd album「R∃/MEMBER」DIGEST

筆者は自他共に認めるオタクなのでアルバム後半のコラボのほうが好きですね。中でもTielleさんが歌ったM10. 「Cage」が個人的に本作のベストトラックです。壮大なスケール感にどこか物悲しい儚さが同居するサビが聴いてて最高に気持ちいい。[nZk]にこういうのを求めてます。前作で言うと「CRYst-Alise」、前々作だと「Saving Us」ですね。

Tielleにもっと歌ってほしかったですがGemieに関しては今回一切出てきませんね。好きなんだけどな。。

豪華ボーカリストに彩られた本作ですが、それぞれの主張が個性的過ぎて若干統一感に欠ける気もします(もっと言うとオリジナルアルバムというよりコンピレーションに聴こえてくる)。普段澤野弘之を聴かない層には彼を知るいい機会かもしれません。3rdから入った人がいたら是非1stと2ndも聴いてほしいですね。

最後に大事なこと言います、mizukiはどこへ?Tielle、Gemie、そしてmizukiが[nZk]のメインボーカルだと勝手に思ってます。

と本アルバムをSpotifyで聴きながらこの記事書いていたらラストの 「REMEMBER」の女性ボーカルはGemieもmizukiも歌ってるぽいですね。クレジットを細かくみれないので違ったらすみません。あしからず。

©Sony Music Entertainment (Japan) Inc. ©Sony Music Marketing Inc.