マーズグラミーで夢のコラボ!ドレスアップしたキャラクターたちにも注目!『キャロル&チューズデイ』第22話「Just Like Heaven」

マーズグラミーで夢のコラボ!ドレスアップしたキャラクターたちにも注目!『キャロル&チューズデイ』第22話「Just Like Heaven」

暗闇に光が差すような曲

マーズグラミーに向けてスタッフと打ち合わせ中のC&T。昨今の火星情勢を鑑みて、今回は暗闇に光が差すような曲を歌いたいとクリスタルさん。C&T側のオファーを快諾したくれたが音楽に関しては超シビアだそうで、過去も共演者の曲が気に入らないとかで消えた話もあったそう。そんなクリスタルさんを納得させる曲を作ると意気込むC&T。

しかしクリスタルさんの認める曲を作るのは困難なよう。ダメ出しをくらった描写もあります。歌詞も試行錯誤を繰り返してるようですね。

苦労の末なんとか曲は完成。インスタからクリスタルさんのありがたいお言葉もいただきました。マーズグラミーへ向けて準備は整ったC&T。一世一代の大舞台で輝けるか。

ハッピーバースデー、キャロル

グラミー前夜。キャロルへハッピーバースデイの弾き語りを添えて誕生日プレゼントを贈るチューズデイ。言葉にならない感情が溢れ出すキャロル。おそらく孤児だった彼女は誰かにちゃんと誕生日のお祝いをしてもらったのは初めてだったのではないでしょうか。キャロルの瞳から暖かいものが零れ落ちます。よかったね、キャロル。見てるこっちも泣けてくる。

マーズグラミー開幕!

Bパートからは早くもグラミー当日。ダリアの病室を訪れるアンジェラ。自分が偽物でもいい、ママが本当のママじゃなくてもいい、それでもグラミーでの自分を見ていてとすがるアンジェラの悲痛の叫びも空しく母ダリアの心臓の鼓動は止まってしまう…。最期に一瞬意識を取り戻してアンジェラへの愛に嘘偽りがなかったことを伝えられたのが唯一の救いか。こんな状態でアンジェラは今日歌えるのか…

マーズグラミー授賞式会場。ドレス姿のC&Tがとっても綺麗ですね。チューズデイの髪アップ最高に似合ってませんか。オトナかわいい。

一年前までは路上でキーボードを弾いていたキャロル、自室に引きこもっていたチューズデイ、そんな二人が出会って1年後グラミーなんて素敵なシンデレラストーリーですね。控室でガチガチに緊張する2人だがクリスタルさんに活を入れられ気合い十分。グラミーのトップバッターとしてステージへ。

披露した曲は「After The Fire」。すべてが燃え尽きてもまたそこから始まる、といった“暗闇に差す一筋の光”のテーマにそったメッセージソング。今回はキーボードもギターも弾かず、純粋に歌のみで魅せるC&T。グラミーっぽい。2番から満を持してクリスタルさん登場、夢のコラボがマーズグラミーの舞台でついに実現。何者でもなかった2人の少女がここまで来たんですね…感無量です。いろいろあったよね。彼女たちにとって素晴らしい夜になりました。

一方連絡が取れないアンジェラが会場入り。顔に生気は感じられませんが、本人は歌うと一点張り。大丈夫か…

唯一残された歌うということ

アーティガンの音楽に対する熱い想いが込められたMCからグラミー新人賞受賞のアンジェラ登場。表情が痛々しいですね…身体も心も相当ひどいコンディションのはずですが、育ての親ダリアの夢だったグラミーの出演を辞退するわけにはいかない。徐々にオーディエンスもアンジェラの異変に気付き始めます。ワンコーラス歌い切ったところでアンジェラが倒れそのままキャロチュー初の特殊エンド。倒れて病院へ運ばれている間も曲が流れ続けてラストで残ったマイクを映す演出が良い。

彼女のプロ意識、歌うことへの執念が凄まじかった。最後に映された暗闇に佇む一本のマイクは、母を失ったアンジェラに唯一残された“歌うこと”へのメタファーだと解釈しました。壮絶なラストシーンで幕を閉じた第22話でしたが、ボロボロになりながらも黒いドレスに身を包み歌うアンジェラの姿は美しくもありました。早く元気になってその歌声をまた聴かせてほしい。

“奇跡の7分間”はマーズグラミーではありませんでしたね。もうひと盛り上がり、期待してます。ここまで引っ張られたのでハードルは相当上がっちゃってますが、『キャロル&チューズデイ』はいつもいい意味で期待を裏切ってくれるので心配してません。

今週のチューズデイ

キャロルの誕生日を祝うチューズデイ。アコギは取り回しがいいからこういうちょっとした弾き語りもさらっとできちゃうところがいいですよね。

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会